×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひげの永久脱毛の方法と費用

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ひげを永久脱毛するわけ

ひげの永久脱毛処理をするという男性が増えてきます。

女性にとって永久脱毛とは、わきや足のむだ毛を除去するもののようです。

そもそも永久脱毛自体が女性のためのものだと思っている人も多いのではないでしょうか。

けれどこの頃は、永久脱毛を希望する男性も大勢います。

最近では、男性を対象とした永久脱毛の広告記事を見かける機会も増えました。

男性が永久脱毛したいのは、ひげや胸毛など、女性にはない男性特有の部分に生える毛のようです。

特に、ひげを気にしている男性は多く、永久脱毛の需要もそれだけあるのではないかと考えられます。

ひげは顔に生えるカムフラージュが難しい場所であるため、気にせざるをえないものです。

固く濃いひげを生来持っている人、ひげの伸びが早いという人は、毎朝もしくは朝晩こまめにひげの処理をするだけでもうっとうしいと感じるようです。

ひげの処理をする回数だけ、皮膚を傷つける機会を増やしてしまうことにもなるため、ひげの永久脱毛をする人がいるようです。

男性の場合、あごひげが濃いためにシェーバーで剃っても肌が青く残るため、ひげの永久脱毛で目立たなくしたいということもあります。

どんなに上手にカミソリやシェーバーを使っても、ひげを剃った後のあごが青くなる人は青いままですから、対策として永久脱毛をする人もいます。

ひげの永久脱毛の方法

ひげを永久脱毛する方法は、他の部分の永久脱毛と同じく2種類になるようです。

1つはレーザーを使った脱毛方法で、もう1つは電気針を使った脱毛方法です。

専門的な医療機関には永久脱毛のための設備が整っていますし、美容外科やエステサロンに行くという方法もあります。

ただ、ひげは顔に生えるものなので、どうしても人の目につきやすいと言えます。

肌トラブルを防ぐためにはできるだけ肌に負担がかからないようにする必要があり、そのためには医療機関で永久脱毛をする方が理想的です。

永久脱毛をすることで肌の状態が悪化することは少ないものの絶対にないとはいいきれず、人によっては火傷痕のようになるといいます。

最初から医療機関で受けている永久脱毛ならば、肌の状態が悪化してもケアを任せられます。

電気針を使ったひげの永久脱毛は、ひげの毛根に電気針を刺し、電気を流すことで毛根を破壊して、ひげが生えてこないようにします。

一説ではレーザーによるひげの永久脱毛よりも効果が高いと言われています。

しかし、電気針を使ったひげの永久脱毛にはかなりの痛みが伴います。

どのくらい痛いかは個人差の他に、電気針を扱う医療機関側の技術の程度にも左右されるといいます。

痛みを覚悟できる人でない限り、電気針での永久脱毛は難しいかもしれません。

ひげの永久脱毛にかかる料金

永久脱毛は1回の施術で終了するものではなく、どの部位に対する永久脱毛でも何回か受けなければなりません。

ひげの永久脱毛をする場合、1箇所への施術で終わるものではなく、あごやあごの裏、口の上と下と、幾つかのパーツに分かれます。

つまり、ひげの永久脱毛を仕上げるまでには1回の施術で終わらないだけでなく複数箇所の施術が必要で、その分手間やコストがかさみます。

永久脱毛にかかる金額はこれといった目安が見つけにくく、エステで受けるか医療機関で受けるかによっても異なります。

これくらいという具体的な金額を出すのは難しく感じられます。

分かっていることは、エステサロンであれ、皮膚科や美容外科などの医療機関であれ、ひげの永久脱毛をするには10万円以上は必要だということです。

ひげのケアひとつにこれほどのお金が必要となれば、人によって価値基準は変わるでしょう。

長年の間ひげの存在を気にしていたという人であれば、施術を受けるかもしれません。

ひげを気にしているという場合でも、こんなにお金がかかり、しかもすぐに終わらないとなると、考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

エステサロンなどでは、ひげの永久脱毛のお試しコースというものがあるようです。

お試しコースなので、永久脱毛が完全にできるわけではありません。

ひげの永久脱毛をするかどうか迷っているなら、お試しコースを受けてみて詳しい説明を受けながら効果の程度を感じ取ってみるのもいいでしょう。

5,000円から10,000円で、お試しコースでひげの永久脱毛が体験できるといいます。

スポンサード リンク