×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきび跡の赤みの原因と予防対策

にきび跡の赤みとは

スポンサード リンク

思春期にできるにきびや、アダルトにきびという成人後のにきびなどにきびは色々ですが、どういう状態がにきびなのでしょう。

にきびの対処法が適当なものだと、それでも軽減された子供時代に比べ、アダルトにきびはにきび跡になってしまったりします。

赤みやにきび跡が残ってしまうという場合も珍しくありません。

にきびをこじらせると、にきび跡ができて赤みとなり、悩みの種になってしまいます。

日頃からお肌の状態を整えておけば、にきびになってもにきび跡や赤みは出にくいようです。

にきびが悪化してにきび跡や赤みが出てしまった場合、ドラッグストアや化粧品店でにきび用の薬品やスキンケア用品を購入するという方法があります。

人工皮膚成分が含まれた化粧品や、にきび治療を目的とした医薬品を購入し、自分でケアをするというものです。

にひぎ跡や赤みはさほど目立たないという方は、こういった商品によって改善効果が見られるということもあります。

2つ目は、クリニックやエステティックサロン、美容整形などの専門施設で治療する方法です。

専門知識がある人に頼った方が、にきび跡や赤みが目立つ場合は適切な方法といえます。

美容クリニックやエステのにきび対策はそれなりの金額がかかりますので、軽々しく行えるものではないかもしれません。

いずれの方法も一朝一夕にできるものではありませんので、気長に取り組むつもりでスキンケアや洗顔と並行してコツコツと行っていきましょう。

シミ・クスミ・ニキビ跡が気になる!

にきび跡の赤みの原因と対策

にきびが治まって安心したのもつかの間、赤みが消えないことがあります。

にきび発症に伴って生成された毛細血管が残ることで、肌の赤みが残るようです。

肌の老化を止めきれず、しみやしわの原因になってしまう原因には、こういったにきびが残した赤み部分のケアが不十分で終わったという場合があります。

こういった、にきび跡にできた赤みへの対策としては、ビタミンC誘導体が効果的です。

ビタミンC誘導体はビタミンC同様に美肌成分の一種で、ビタミンCよりも角質層の通過がスムーズでお肌に吸収させやすい成分です。

コラーゲンを合成させるのに効果的な働きをし、美白効果も望めます。

ビタミンC誘導体には皮脂の分泌量にも影響するので、ニキビ対策化粧品などにも配合されていることが多い成分のようです。

ビタミンC誘導体には、リン酸型ビタミンCと、現在話題のバルミチン型ビタミンCがあります。

バルミチン酸型はリン酸型よりも浸透が良いと言われています。

肌が刺激に弱いという方は、にきび改善にも用いられるナイアシンでコラーゲンを作り、にきび跡対策や赤み対策をするといいでしょう。

また、普段のメイクではにきび跡や赤みはできるだけカムフラージュしたいところですが、そういう時はにきび対応や低刺激の化粧品を使ってください。

例えば、ミネラルファンデーションは天然素材で作られた、お肌への刺激の少ない化粧品です。

シミ・クスミ・ニキビ跡が気になる!

にきび跡の赤みを予防する

スポンサード リンク

にきびができてもにきび跡や赤みを予防する方法があります。

症状が酷くなってから治すより予防をする方が赤みやにきび跡対策には有効ですから、今ある分を治しながら予防も行ってください。

にきびのできにくい肌を維持することは、赤みやにきび跡軽減にも役に立つことです。

顔を洗う際、2点ほどポイントに留意することで効果的なにきび対策ができます。

泡立ては入念に行い、手のひらいっぱいの泡を使って洗顔をします。

洗顔料で作った泡で顔を包み込むように洗うことで汚れを浮かせて優しく洗えますし、顔と手の間に泡のクッションを置くことによって肌への負担なく洗顔をすることが可能です。

肌を傷めると肌荒れの元になりますので、洗顔時に肌を傷めないよう注意が必要です。

洗顔の重要な点に洗顔料の成分をきっちり洗い流すことがありますが、それをしやすくするためにも、弾力のある泡で顔を洗う習慣をつけましょう。

2つ目は、皮膚をこすらず優しく洗うことです。

洗うと言っても、ゴシゴシこすって汚れを落とすのではありません。

あくまでも汚れは泡によって浮き上がらせ、皮脂は石鹸と皮脂とを効率よく化学反応させて落とすのです。

代謝によって皮膚から取れつつある古い皮膚が、洗顔時に顔を擦ることで毛穴に押し込まれたり、強くこすることで肌に負担になることもあるのでくれぐれも注意してください。

にきび跡の赤みと完全に縁を切るためにも、正しい洗顔を実行してください。

シミ・クスミ・ニキビ跡が気になる!