×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワキガ手術の方法とクリニック選び

スポンサード リンク

ワキガ手術とは

ワキガは、漢字で書くと腋臭となり、何だか仰々しい印象があります。

このワキガ対策に手術を受けるという人がいるようです。

汗を分泌する汗腺は2種類ありますが、そのうちワキガに関係する汗腺はアポクリン汗腺です。

脇の下や乳りん、外耳道など、特定の場所に集中し細菌によって分解されると臭いを発します。

このにおいが、ワキガ臭と呼ばれる臭いです。

アボクリン腺の汗の性状は、粘り気のある乳白色の液体で、その分泌物は脂肪・脂肪酸・鉄分・色素・尿素・アンモニアといった臭いの元となる物質です。

このアボクリン汗腺の数が多い人は臭いのある汗を分泌し、ワキガ体質となります。

欧米はワキガ体質が当たり前なので、逆に気にはならないといいます。

日本ではワキガの人は少数なので、ワキガの症状があれば非常に気になるのも納得できます。

それではワキガ手術とはどのようなものでしょうか。

ワキガ手術の基本は、アボクリン腺を取り除くものです。エクリン腺の手術ではないので、汗の臭いは全く変わらないこともあります。

ワキガ手術として、ボトックスを注入するというやり方も知られています。

自律神経に作用し、その部位から汗を分泌させにくくすることでボトックス注射でのワキガ手術となります。

手術に必要な時間は5分ほどと、ボトックス注射はすぐに終了します。

日常生活に制限を受けることなく気軽に受けることができますが、約半年ごとに注射を受けなくてはならないようです。

ワキガの手術方法

ワキガの手術方法についていくつかご紹介します。

腋の下をしわに沿って6ミリ程度切開し、特殊な治療器を挿入して放射状にまんべんなくアボクリン汗腺を除去し、ワキガを治療する方法が、マイクロリムーブ法と呼ばれるワキガの手術方法のひとつです。

このワキガ手術は局部麻酔で行われるため、外来だけで比較的簡単に手術を受けることができます。

皮膚の裏側から汗腺を特殊な機器で削り取っていくのが、皮下組織削除法によるワキガの手術方法です。

これは、現在最も広く行われているワキガ手術の方法の1つだといいます。

汗腺の残存の確認ができないことから、傷が2ミリと小さく、効果も確実とはいえ、熟練した医師でないと完全に除去することができないようです。

スーパーリムーブ法は、内視鏡を用いることでマイクロリムーブ法の欠点である汗腺の残存の確認の部分を解決した方法です。

これによりマイクロリムーブ法でも確実な効果が得られるようになりました。

レーザーによるワキガの手術方法もあります。

レーザーで汗腺を破壊するという方法です。

レーザーによるワキガ手術はサジ加減が難しく、担当医によって効果に差が出るので、慎重にクリニックを選ぶ必要がありそうです。

一般的なワキガ手術の費用は、15〜30万円と高額なのが一般的です。

しっかりと情報収集して、納得のいくワキガの手術を受けていただきたいものです。

ワキガ手術のクリニック選び

ワキガ手術を受ける時、どのような基準でクリニックを選べば良いのでしょうか。

事前に、医師の腕やクリニックの体制を、患者の側から調べるのは困難なのではないでしょうか。

ですから、ワキガ手術において参考になる目安をお話したいと思います。

それは、日本美容外科学会の専門医が、ワキガ手術を担当する医師であるかどうかということです。

また若過ぎる医師や年配の医師は避けたいところで、医師が壮年であるかどうかや、美容外科クリニックでの勤務歴が長いかどうかというのも重要ポイントになります。

クリニックが認定医療機関であって、ワキガの症例件数が多いかどうかもチェックしましょう。

何の手術でも、ワキガ手術に限らないことですが、技術は一定数をこなしていなければ上達しないものです。

統計として、症例数と実力は比例するというものが、一般外科のデータとしての病院ランキングにも示されています。

ワキガ手術を担当する医師の腕もさることながら、クリニック内の充実度も確認しておきたいものです。

もうひとつ大切なことはクリニックの体制が万全であるということだからです。

受付スタッフ、カウンセラー、看護師が優秀な人材であるほうがありがたいものです。

なかなか医師の手が回らないことや、聞けなかったことを教えてくれたりするからです。

ワキガの手術を検討しているならば、まずはクリニックを訪問して気になる点を質問してみましょう。

必ず無料のカウンセリングがあるのなら利用して、ワキガ手術を納得の上で受けるというのがセオリーです。

スポンサード リンク